本家ブログ 本家ブログ 第2章 熱帯魚&水草に興味のある方は是非!! 映画レビューはおまかせ!!

ニュースをぶった斬り
by hasway4
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
中野友加里、演技直前ぬいぐるみを投げつけられる(画)。
b0086280_13311277.jpg

中野ミス連発で2位「悔いが残る」(スポニチ)
フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦の中国杯最終日は11日、中国・南京で行われ、女子ショートプログラム(SP)2位の中野友加里(21=早大)はフリーでも2位で合計151・27点の2位に終わった。優勝はSP3位から逆転のユリア・シェベシュチェン(25=ハンガリー)だった。また、男子はSP2位のエバン・ライザチェク(21=米国)が優勝し、中庭健介(25=パピオク)は5位、GP初出場の柴田嶺(19=明大)は10位だった。
 SP2位からの逆転を狙った中野がフリーでもミスを連発。2位に終わり「昨季はスケートカナダで3位になっただけでうれしかったけど、今回は2位でも悔いが残る」と正直な気持ちを口にした。
 冒頭の3回転半を直前で2回転―2回転の連続ジャンプに切り替えたが、直後の連続ジャンプの着氷で手を突いた。昨季はNHK杯で優勝し、GPファイナルで3位に入るなど一気にブレークした。今はそれが重圧になっている。「順位は気にしていないつもりなんだけど…」と首をかしげた中野。来年3月の世界選手権についても「今の状態では出たいというのも恐れ多い」と厳しく言った。
どうやら、中野友加里は、決勝演技直前に観客席から巨大ぬいぐるみを投げつけられていたようです。
ミスを連発したのをそのせいにするのもどうかと思いますが、こういう行為は決して許されないですよね。
この調子でいくと、北京五輪はどうなることやら・・・
ボイコットしかないような・・・

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

[PR]
by hasway4 | 2006-11-13 13:36 | 中朝韓
<< WTA 女子テニスランキング。 アラシ面白行動、その3。 >>