本家ブログ 本家ブログ 第2章 熱帯魚&水草に興味のある方は是非!! 映画レビューはおまかせ!!

ニュースをぶった斬り
by hasway4
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「いじめ」について思うこと。
<いじめ自殺>素早い対応で防止 母親が体験語る(毎日新聞)
大阪府富田林市の中学1年、大川理恵さん(12)の自殺で、家族が明かした「チビと言われて泣いていた」といういじめ体験。同じ悩みを持つ長男が同様のいじめに遭い、自殺を何度も口にしたという首都圏在住の女性(43)が「周囲の理解もあって乗り越えた。その体験を伝えたい」と家族の闘いの経緯を語った。【竹中拓実】
 女性の中学3年の長男(15)は幼少時、成長ホルモンの分泌が減って身長が伸びにくくなる難病と診断された。小学校入学時の身長は3歳児並みの95センチだった。
 最初にいじめに気付いたのは入学後間もなく。通学路でランドセルをいくつも頭の上に乗せられているのを上級生が見かねて伝えてくれた。「人間だるま落とし」。名前まで付いているのを聞き、血の気が引く思いがした。
 6年生になり、いじめが悪化した。身長は小6の平均より30センチ低い115センチ。秋ごろから、女性の財布の現金が少しずつ減るのに気付いた。額が10円単位から100円単位、1000円単位と増えていく。当初は「落としたのか」と考えたという。
 そして元日。新年の抱負を話していたが、「僕はもう死にたい」と長男が口にした。理由を説明してくれない。2月にバッグから10万円が消えた。女性は長男を捜し、家電量販店で同級生たちに1万円ずつ渡していた現場を見つけた。10円単位のおごりが1万円単位のゆすり、たかりに発展していた。
 女性は自殺にまで至らなかった理由の一つに「学校の素早い対応」を挙げる。その日のうちに、校長は関係する児童と保護者を呼び、一家族ずつとじっくり話し合ったという。
 長男は今、高齢者介護の職場で働く夢などを語る。大川さんの報道について家族で話した時、経験を伝えようと決めた。
 女性は「外見をからかうのは子どもではよくあること。そんないじめがなくなるなんて思っていません。ただ、そのたびに周囲の大人には『そんなことを言ってはいけない』と指導してほしい」と願う。
 「学校がいじめの相談を受けた時に『しばらく様子を見ましょう』というのは絶対だめです」
以前、このブログの前身のブログでも書いた事があるのですが、私の恩師はいじめについて「100%いじめる方が悪いんや!」といじめる子を片っ端からぶん殴ってました(^^;)
まぁ、今の時代、暴力を振るうと体罰だと騒がれるので、ぶん殴る事はできませんが、その先生にはなんていうか愛があって、殴られた子も痛いけれど、殴った先生の方がもっと痛いんだろうなと子供ながらに思えるような人として温かい先生でした。

最近では、いじめがあると、いじめる側にも注意するのでしょうが、いじめられる側にも原因があるだの、いじめられている子にも注意する先生がいると耳にします。
ただ、それでは、いじめる側に自らを正当化する口実を与え、いじめられる側の逃げ道をなくしてしまう事に繋がるのではないでしょうか?
確かに、いじめられる側に原因がある場合だってあるとは思います。
でも、指導する注意する立場の大人が子供の前でいじめを認めてしまっては、いじめなんてなくならないのではないでしょうかね?
いじめを見つけた大人は、いじめた方をちゃんと注意し指導する。これが一番大事なのではないかと思います。

上記の恩師のクラスでは、決していじめが蔓延する事はなかったですし、今一度我々大人がいじめについてきちんと考え直さなければいけないのではないでしょうか?

また、連日のいじめによる自殺報道で学校や教師のみがよく糾弾されていますよね。
確かに、いじめが起こっている場所を監督管理する立場にある学校や教師が責められるのは当然だと思います。
ただ、それ以前に、子供をきちんとしつけるのは親の義務な訳ですし、いじめをしていた子供の親、いじめを見過ごしていた子の親、いじめられていることに気付いてあげられなかった親、全ての親にも責任があるのではないでしょうか?

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

[PR]
by hasway4 | 2006-11-16 15:57 | 日記
<< 一番忙しい日に休暇集中。 藤原紀香、結婚を否定。 >>