本家ブログ 本家ブログ 第2章 熱帯魚&水草に興味のある方は是非!! 映画レビューはおまかせ!!

ニュースをぶった斬り
by hasway4
2006年 10月 31日 ( 1 )
責任追及のみをする報道。
<高1自殺未遂>重体の女子生徒が死亡 長崎(毎日新聞)
長崎県北部の県立高校で29日に首をつって自殺を図り、意識不明だった1年の女子生徒(15)は31日未明、死亡した。学校は同日の1時限目を全校集会とし、女子生徒の死亡を報告した。女子生徒は所属している吹奏楽部の練習方法に関して悩みがあったとみられるが、自殺の直接の動機は分かっていない。
 全校集会は非公開であった。校長が「(部活動などで)関係のあるみなさんは、とても動揺していると思います。気持ちをしっかり持って下さい」と呼びかけたという。
最近、いじめによる自殺のニュースが後を絶ちませんね。
元々、いじめによる自殺は頻繁に起こっていたものの、先の文科省のいじめによる自殺がゼロという認識のように表に出る事がなかったけれども、マスコミが煽ることで、いじめによる自殺に対する関心がたかまり注目され、表にでる自殺が増えたのか?
或いは、いじめによる自殺が有効な手段だと認識したいじめられている生徒達が、最後の抵抗手段として自殺を選択する件数が増えたのか?
定かではありませんが、いずれにしても大きな問題ですね。

客観的に、一連の自殺報道を見ている立場としては、どうしてもマスコミがいじめによる自殺を大々的に報道する事で、ある意味、自殺を煽っているような気がします。
いじめられて、逃げ場もなく、相談する相手もなく、辛い立場にいる子供達としては、現在の加熱する自殺報道に便乗し、或いは、いじめた人間や学校、気付いてくれなかったまわりの人間達に復讐するかのように自殺を選択しているかのように見えるんですよね。
自殺する事が、問題を解決したり復讐したりする事に繋がるのではないということを、大人であり親である我々がまず子供に教えるべきではないでしょうか?
そういう肝心な事を伝えずに、責任追及のみをする報道にも少なからず問題があるように感じます。

また、周りにいる大人や親も子供の変化に関心をもっと持つべきだと思いますし、子供の相談する場なり、受け口をどうにかする必要もあると思います。
そういう対応や変化なくして、いじめによる自殺という問題は解決しないのではないでしょうか?

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

[PR]
by hasway4 | 2006-10-31 15:50 | 時事